1. TOP
  2. ゴルフスイング理論
  3. 下半身始動の切り返しが勝手に身についてしまうドリル

下半身始動の切り返しが勝手に身についてしまうドリル

 2019/06/13 ゴルフスイング理論   4,491 Views

体のどこにも力が入っていないような綺麗なプロのスイング。
なぜそれができるのかといえば、人間で一番大きな筋肉である足の筋肉を使ってスイングしているからです。

100を切れない人はどうしても力が入って上半身を大きく使うスイングになりがちです。
その結果、手の動きがスイングの大部分を占めスイングに再現性がありません。毎回違うスイングになってしまい方向性も球質もバラバラ。

ラウンドのスコアにもバラツキがあります。

そんな上半身主体のスイングをしている方に朗報です!
あなたのスイングが下半身主体のスイングに変わる、上田栄民プロの下半身始動の切り返し動画をお届けします。

短い動画ですが、この動画を見れば嫌でも下半身リードの切り返し、ダウンスイングを身につけることができます。

下半身始動の切り返しをする方法

下半身始動のスイングとは?

下半身始動の切り返しについて

下半身始動のスイングが勝手に身につくドリル

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここで飛ばしたい!ピンにつけたい!といったここぞの時どうしても腕や肩に力が入り、上半身始動のスイングになりがちです。

その点下半身始動の切り返し、ダウンスイングができればどんな場面でも同じスイングが出来るようになります。

なぜなら、はじめに書いたとおり、人間の体で一番大きな筋肉が足の筋肉であり、一番パワーのある部分だからです。
下半身始動のスイングができれば、多少腕が悪さをしてもスイングに大きな間違いは起こりません。
ぜひ栄民プロのドリルで下半身始動の切り返し、ダウンスイングを習得して頂ければと思います。

2019PGAティーチングプロアワード最優秀賞上田栄民プロのゴルフスイング理論教材「方向性を失わない飛距離アップ」が好評です。

当サイトでしか得られないノウハウもプレゼントされますのでぜひ下記リンクからお買い求め下さい。

「方向性を失わない飛距離アップ」詳細はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

ゴルラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ゴルラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「左一軸打法」や「スタック&チルト」って正直どうなの?

  • ゴルフスイングは「体重移動」から「一軸」スイング時代へ

  • なぜ素振りは良いのに、いざボールを前にするとダメなのか?

  • 短時間でドライバー飛距離を伸ばす右パワー軸とは!?

  • 数秒であなたのゴルフの質を変える『ボールの見方』とは?

  • シャフトのしなりを100%活用するための3つのポイント