1. TOP
  2. ゴルフスイング理論
  3. 【超簡単】ゴルフのスイングリズムを安定させる方法

【超簡単】ゴルフのスイングリズムを安定させる方法

 2017/11/29 ゴルフスイング理論   8,724 Views

ラウンド中、アイアンは良いけどドライバーは悪い、逆にドライバーは良いけどアイアンは悪いという時はありませんか?

そんな時は、スイングのリズム、テンポに着目してみて下さい。

ドライバーとアイアンのどちらかが普段のスイングのリズム、テンポになっていないかもしれません。

好調な同伴者のプレイに押され、無意識のうちに俗に言う「打ち急ぎ」という状況に陥っているのかも・・・

今回は、スコア安定のカギを握るスイングリズム、テンポについて森本光洋先生にお聞きしました。

この動画を見れば、あなたのスコアが劇的に安定するようになるかも知れません。

「どうもラウンド中盤スコアが崩れる」という方はお見逃しなく!

森本光洋ティーチングプロ対談映像

下半身リードのダウンスイング、もう一つの落とし穴

皆さんトップができました、次に「下半身だけでダウンスイングに行けばいい、手元は極力握っているだけでいいんですよ」とティーチングプロが教えたときに、私達も伝えきれていない部分があります。

皆さんも知っていらっしゃるとおり、一人一人動きが若干違うわけですよね。

同じ下半身を踏み込んだ際に、手をじっとして、先ほどのように手を振り上げました。手はじっとして下半身を踏み込んだ際、右手が下がってしまうという話。

これを内転と外転で解消できますよというお話しですが、

もう一つのパターンとして、

トップができて「手は何もしません、やはり下半身リードです」こういったお話しをした際に、これも多いんですが、『下半身だけでなく、同時に肩も一緒に振り下ろしてしまう、動いてしまう人』が多いのです。

このように下半身と左肩が一緒に動いてしまうと、どう頑張っても踏み込んだ時点で手は外から来てしまい、アウト&インの軌道は治りません。

この場合は内転、外転の問題ではなく、左肩が下半身と一緒に動くのが問題です。

もちろん、その時は目と肩は近いですから、目も一緒に動いてしまう。

それで私達は教材の中で、トップでできた目線をキープしたまま足を動かして下さいとお伝えしています。

目を一緒に持っていきますとどうしても右肩が下半身と一緒に突っ込んでしまうような形になります。

そうするとクラブは必ず手をじっとしていればいるほど、もう既にアウトサイドの位置から下ろすしかありません。

これが結構2大スライスというよりも、二つの大きな動きの難しさというか、僕らが本当にレッスン活動をしてきた中で、「同じトップオブスイングを作って下半身リードだよ」と言うアドバイスを送った際に、一番多いのは先ほどお話しした右手が下がって左脇が浮いてというミスの原因、次に下半身リードをご提案した際に多いのが、知らず知らずのうちに下半身と肩が一緒にまわってアウトサイドインにクラブが動いてしまうというミスの原因です。

そこで私の教材では、トレーニングの仕方として壁を背にした素振りを提案しています。

これは、今の両方のケースを改善させるためです。

例えば、もしバックスイングして下半身を踏み込んだ際、右手が下がる人は後ろの壁にクラブが当たります。

短いペンであっても壁に当たってしまいます。

morimoto3-1

一方、肩と腰が同時に動いてしまうとフォローでペンが壁に当たります。

morimoto3-2

もちろんクラブが長いと、切り返しのスタートの時点で壁に当たります。

いずれにせよ壁を背にしての素振り、もしくはシャドースイングをゆっくりして頂く事によって、実は先ほどの下半身をリードをしたときの手がどの位置にあるべきかということを、理論でというよりも体感して、体に知ってもらえるのではないかなということで教材のなかで紹介しています。

教材内の他のドリルもそうですが、言葉でゴルフスイング理論を伝えられれば誰も苦労はしない。

こういった動画をご覧になる方々というのは、私の知る限りゴルフのことを真剣に取り組んでおられる方ばかりです。その様な方々は本当に素直に言葉を聞いて頂いて、実際に実行して頂いた時に不具合というか、まぁ、本当に私達の言葉の足りない部分だと思うんですけど、本当のことが伝わっていない時というのがあるんですね。どうしても。

そういった場合のために、こういった教材以外のお話の中でちょっとでも理解して頂ければ良いし、「あ、そういうことだったのか!森本はそういうことを言いたかったのだな」ということを少しでも感じて頂ければ良いなと思っています。

正しいゴルフの目標設定法

話を戻して遼君の話になりますが、石川遼君はきっと彼なりの理想のスイングがある。

それを緊張したやり直しの利かないプレー中にやろうとしている。

じゃあそれをアマチュアの皆さんができるのかといわれたら、皆さんお仕事があって、時間を見つけてゴルフをしておられます。

仕事の一部として取り組まれている方もおられれば、趣味の一つとして、楽しみの一つとして、ゴルフを学び身に付けていく方もおられます。

自分ができなかった事がちょっとでもできるようになることで喜びを感じることもあるし、その中でゴルフはスコアがついてくるものですから、それがスコアに反映されればもっといいと思うんですけど、これは僕自身本当に想うところというか、すぐ結果が出るにこしたことはないんですけど、それだけが全てじゃない。

数字には今回繋がらなかったけど、間違えなく前よりも確率が良くなった。もしくは前よりも確実に遠くに飛べるようになった、狙い通り打てるようになった。

そういった小さな満足というか、小さな成功を重ねていく中に、将来スコアが小さくなるということがあると思うのです。

だから、小さな成功なくしてスコアアップには絶対繋がりませんから、だから僕は成功哲学というと少し大げさかも知れませんが、この成功というのは皆さんの基準で良いのです。

周りはまだまだと思うかも知れないけど、自分の中ではこれは「成功」なんだと。

それは皆さん基準が違うように、目標が違うように、性別、年齢、キャリア、違うわけですから、全てが全てプロみたいなショットでなくても良いわけです。

だから僕自身もそういう意味で言うと、小さな成功を重ねていく中で、むしろそれ以上の失敗をたくさんしてきました。

それは最初に言った、色々なゴルフで良いといわれていることは全てやったという事です。極端に言うと。

その中で選別して自分が大切にしていること、皆さんに大切にしてもらいたいこと、それが私のゴルフスイング理論です。

スイングリズムについて

自分のスイングリズムを見つけるというのは、そんなに簡単なものではなくて、人それぞれ自分に合ったリズムがあります。

例えば、喋るスピードであったり、食べるスピードでもそうですが本能的に動いている部分、例えば早口で喋る人というのは、全てのスイングリズムが早い傾向にあります。

逆に、割とゆっくり喋る方というのは、どちらかというとおっとりというかゆっくりとしたスイングリズムが合う傾向にあります。

自分にどっちが合うかというのもあります。

早めが良いのか、遅めが良いのか?

それは自分が普段の生活を第三者的に見て判断することも必要ですが、一番この動画を通して皆さんにリズムとはなんですかと問われたら、先ほどのしなりの話と同様、自分に合ったリズムで上げるスピードと戻るスピードが同じであればいいんです。

だから、遅すぎるとしなりません、ある程度スピードが必要です。だからといって早すぎるとなかなか同じスピードで戻せません。

単純に言うと、早いリズムでスイングができる人というのは凄いことです。

だからといってリズムが遅すぎてもダメというのが難しいところです。

遅すぎたらしなりが出ませんから・・・

遅いテークバックのプロゴルファーについて?

松山英樹君も、宮里藍ちゃんも遅いですよね。

上げてスイングがいったん止まったんじゃないかというぐらい。藤田寛之選手も遅いですよね。

その遅いというのは、トップでの間のことを遅いとか早いと理解されても良いです。

ただ単に動くスピードだけじゃなくて、上げてトップでちゃんとしなりが出来上がって戻るというこのスピードのことですね。

だから僕が思うんですけど、松山英樹選手の遅さというのは、アレは体力がないと真似できないと思っています。

先ほど色々なことを試しましたよ。という話をしましたが、自分でも試してみました。

びっくりするぐらいゆっくり上げてみました。

アレは飛ばないですね。普通の人がやると・・・

少なくても僕がやると飛ばなかったです。

もちろん、早すぎるとこれも体が揺れてしまって、スイングスピードは上がるかも知れませんが芯に当たる確率、ミート率が悪くなって飛びません。

で、その一番良いところを見つけるというのが難しい作業になるんですけど、その際ヒントにして頂くのは、「上げるスピードと戻るスピードを同じにする意識を持ってください」ということです。

その際「自分で加速する意識はいりません」

この二つは、この動画をみた即後から出来る事なんですね。

一つだけ具体的な手法をお教えしますね。

これは有料情報級の内容ですから、、、誰しもが見れるこの動画で話すことではないんですけど・・・

あえて言うと、この上げるスピードと戻すスピードを同じにする方法は、手ではないんです。体が回るスピードなんです。

「体」を回すスピードを上げるスピードと、戻すスピードを同じにすることを意識するようにして下さい。

上げるスピードと戻すスピードというと、みんな腕とか、クラブを意識するじゃないですか?

でもそれは間違いなんです。

コツは体を回すスピードを意識することなんです。

次の動画は、私は体を回すことを意識して打っているウォームアップ時の映像です。

上げるスピードと戻すスピードが同じになっていること。

ドライバーとアイアンでスイングリズムがシンクロしていることがお分かり頂けると思います。

実は、これは私がDVD教材を初めに出したときのウォームアップ時の映像です。

特別な映像でもなんでもないんです。

どうしてドライバーとアイアンの動き、テンポが同じなのかというと、実は僕も分かりません。

もちろん、自分ではアイアンもドライバーも同じリズム、テンポでスイングしているつもりでした。

しかし、自分自身この映像を見るまでこんなにリズムがシンクロしているとは思っていませんでした。

僕は過去に様々リズム、テンポを試してきました。

ドライバーは飛距離を稼ごうとテンポを速くし、アイアンは正確性を得る為にゆっくりにスイングするとか。

それだとドライバーが良い日はアイアンが悪く、アイアンが良い日はドライバーが悪い。

このようなことがあったので、一つのスピードでスイングした方が自分の動きは管理できるはずだという結論になりました。

その中で、「体」の回転のスピードを上げるときと戻る時を一緒にすることが一つのヒントとなったのです。

このつもりでドライバー、アイアンを打つと、結局手から先のクラブが違うだけ。

前傾姿勢やティーアップがあるか否かは違いますが、同じリズム、テンポで打てるのです。

もちろん、ドライバーの場合スタンスが広くなるので、なんとなく腰の位置が少し右にずれますからセンターバランスみたいな感じになります。

アイアンの場合はダウンブローに入れたいから、スタンスが狭く、腰の位置は若干前の位置にありますので、左にバランスがある感じになります。

このように多少構え方姿勢が違いますが動きは同じです。

だから先ほどのYouTubeを見られた方からは、アレはどうやって撮ったの?あれは偶然なの?ああいうスイング自分もしたいんですけどとか、色々なご意見を頂きましたが、一つ言えることは、上げるスピードと戻すスピードを手ではなく、体の回転のスピードの管理によってスイングを作っていくと、あのようなリズム、テンポが一定のスイングになるということです。

誰がやってもそうなります。リズム、テンポを一定にすることは、特別なことじゃないんです。

このようなスイングのリズム、テンポが同調すると、ドライバーもアイアンも安定するようになります。

なお、意識するのは体の中でも背中を意識すると良いです。

肩ではなく背中です。

肩と背中同じでしょといわれる方もおられますが、これは全然違います。

背中の左右の肩甲骨を意識して下さい。

背骨を中心に背骨の面が動く。

もう少し詳しく言うと、左右の肩甲骨が中央の背骨に寄っていく感じです。

肩というと前を意識しやすくなり、揺れてしまったりします。

背中を意識すると前傾角度を保ちやすくなります。

ちょっとしたことですけど大分違います。

何度も言いますが、色々やってきました。

手を意識したり、肩を意識したり。

その中でどこが分かりやすいかなと言うと、背中を意識しながら上げるスピードと戻すスピードを同じにするとリズム、テンポが同調しやすいぞというのが分かったのです。

肩や腕だとどうしても目に入っているので不要な動きをしやすいのです。

背中を動かす。

上げるスピードと戻すスピードを同じにする。

ぜひ意識して練習して見て下さい。

YouTubeで僕のスイング動画を見て頂くと分かると思います。

まとめ

スイングのリズムを一定にすると、スコアのバラツキが少なくなります。

午前中は良かったけど、午後から崩れたという方は、もしかしたらスイングのリズムが午前と午後のラウンドで変わったのかもしれません。

不調になった際は、ぜひ「体」の回転スピードを意識してみて頂ければと思います。

ラウンド中でも復調できる重要なポイントです。

何度もこの対談動画を見直して、自分に合ったゴルフのスイングリズムを見つけて下さい。

最新の当サイト更新情報を知りたい方は、Facebook、Twitterにて随時連絡しているので「いいね!」や「フォロー」をお願い致します。

タイムラインで最新の更新状況が分かります。

\ SNSでシェアしよう! /

ゴルラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ゴルラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あなたが「ボディスイング」か「アームスイング」か一発で見分ける方法

  • スイングプレーン「フラット」と「アップライト」どちらが良いの?

  • ここぞという時のティーショット、左へのひっかけ、フックに悩む人は回転不足に原因あり!?

  • 数秒であなたのゴルフの質を変える『ボールの見方』とは?

  • ゴルフスイングは「体重移動」から「一軸」スイング時代へ

  • 「左一軸打法」や「スタック&チルト」って正直どうなの?